日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
デニム&カジュアル作務衣 , 95~96年の作務衣

蚊帳

蚊帳がさやかにゆれて、夏の夜風が通り抜けていく。これ―風流の極み

エアコンを敵に回すつもりはさらさらないが、夜風に包まれて眠る夏の夜は最高のご馳走。子供たちの歓声も心地よい。窓を開け放ち蚊帳を吊る―これって、もしかしたらすごい贅沢なのかもしれない。

高級本麻蚊帳「沖風」

透明感のある白地にブルーの裾ぼかしが何とも爽やか。さらに麻100%の質感がいかにも涼しげな蚊帳です。部屋の広さに合わせて三種類。
- トラックバック (0) -
デニム&カジュアル作務衣 , 95~96年の作務衣

シャルラン作務衣肌着(4)

裏返しに着ると汗がにじまない!

汗をかくのはいいんですが、Yシャツの外にべったりと跡がつくのが悩み。そこで、この「シャルラン」を裏返しに着てみたらどうなるかと思い試してみたら、これが大成功。満員電車の中でも背広が脱げます。同じ悩みを持つ方は一度試してみるといいですョ。
- トラックバック (0) -
デニム&カジュアル作務衣 , 95~96年の作務衣

シャルラン作務衣肌着(3)

消臭機能

外側の綿部分に新素材を導入。その繊維のはたらきで、汗の悪臭成分であるアンモニア、トリメチルアミンを素早く消臭。この機能は洗濯などで消えることはない。

静電気除去機能

トランクス、ブリーフ、褌の3品には、身体に悪影響を及ぼすといわれる静電気を防止する機能を付加。強力な制電作用をもつ糸<サンダーロン>は4000~6000ボルトもの静電気を空気中に放電し、付電も帯電も許さない。
- トラックバック (0) -
デニム&カジュアル作務衣 , 95~96年の作務衣

シャルラン作務衣肌着(2)

速乾機能

汗や湿気をいかに早く放出するか――この目的に沿って、汗や湿気を素材の中に貯めない疎水性の強いポリエステルを内側に、天然繊維の綿を外側に配した特殊編みの二重構造を実現。素早く汗を吸収し外へ放出するため、ベトつかず、いつもサラサラした着心地が保てる。
- トラックバック (0) -
デニム&カジュアル作務衣 , 95~96年の作務衣

シャルラン作務衣肌着(1)

夏本番、汗のベトつきや臭いを追放する快汗肌着!

楽しいはずのサラリーマンも、湿気や汗のことを考えると、ちょっとユーウツ。そこでご紹介するのが、特殊な繊維や編み方を導入して汗の悩みを一挙に解消した肌着「シャルラン」。シャツはもちろん、トランクスやブリーフ、褌にまで施された爽快機能で、これからの季節を存分にご満喫ください。
- トラックバック (0) -
袴&和服アンサンブル , 95~96年の作務衣

作務衣靴(スパンデックス)

伸縮性に富んだ別タイプもご用意。お好みでどうぞ。

「皮靴はどうも…もっと軽快に伸び伸びと履きたい」。そんな方のために、スパンデックス素材の「作務衣靴」をご用意しました。とても伸縮性に富んでいますのでどんな足のタイプにもフィット。靴底の素材や特殊溝加工などは本皮タイプと同様です。
- トラックバック (0) -
袴&和服アンサンブル , 95~96年の作務衣

作務衣靴(牛革)(2)

これからの季節に、ぜひおすすめです。

そこでご紹介。名前もズバリ「作務衣靴」といたしました。シンプルで軽やかな形は、作務衣スタイルにピタリときまります。素材は本格的な牛皮。足の差し入れをゴム加工していますので履きやすく、きゅうくつさもありません。さらに、靴底は足にやさしい特殊な溝が刻まれたゴム素材ですから、走りまわっても音がせず、まわりを気にする必要もありません。これからの季節は素足のままでもお履きいただけます。作務衣をよりカジュアルに着たいときに、欠かせぬ「作務衣靴」。ぜひ一足ご用意を。
- トラックバック (0) -
袴&和服アンサンブル , 95~96年の作務衣

作務衣靴(牛革)(1)

念願の〈靴〉をご紹介。これで作務衣の世界がグンと広がります。

作務衣の開発と共に、当会ではその周辺、関連商品も合わせてご提供してまいりました。特に、作務衣での外出時に欠かせない商品――袋物やバッグ類、羽織やコート、そして下駄や雪駄の履物まで他には見られない品揃えをしてきたつもりです。

ところが、ひとつ宿題として残されていたのが〈靴〉だったのです。と申しますのも、当会では作務衣の伝統的な様式にこだわらず新しい着方のご提案を続けていますが、下駄や雪駄だけではどうしてもその幅に限界があるのです。商品撮影のためにスニーカーなどを使用することはありましたが、ここはひとつ、作務衣に合う靴を、と思っていました。
- トラックバック (0) -
デニム&カジュアル作務衣 , 95~96年の作務衣

サマーウール甚兵衛


昔ながらの本格派と現代感覚に溢れた甚兵衛の登場。



夏の人気者<甚兵衛>に新しいイメージを――ここ数年、当会ではこの課題にあれやこれやと知恵を絞ってきました。ところが<綿絽>や<近江縮み>といった本格的な甚兵衛が健在で、しかも夏になると多くのご用命をいただくため、なかなか新しいイメージをつくり上げることが出来ずにいました。



サラサラした感触、素肌を包む柔らかさ。



そこへ、昨年の夏、爆発的なヒットとなったサマーウール素材の登場です。この素材を甚兵衛に…という声が自然にわき起こり話は一気に具体化。これまで甚兵衛が持っていたイメージとは正反対のように思えますが、試着してみると実にいい感じ。撥水や防縮といった高機能加工も甚兵衛にこそふさわしいと、そのまま採用。まさに、ニュー・ジンベエの誕生といったところです。
- トラックバック (0) -
95~96年の作務衣 , 絹作務衣

野蚕作務衣(2) (のがいごぞめさむえ)


悠久の伝統技法で生まれ変わった野蚕絹!



待つこと半年、遂に完成した野蚕絹の作務衣が送られてきました。冒頭の一声はまさにスタッフ全員の心境でした。



野蚕ならではの陽光を思わせる光沢、不均等な凹凸から生まれる野趣に富んだ質感、そして、ハイライトはその染め上がりでした。不均等で染まりにくい難点である着色格差逆に生かした奥行きのある味わい深い彩りは、お見事の一語。中国の職人恐るべし――という実感です。



これも絹、そしてこれこそ絹――このような言い方が適切かと思われます。ただ、野蚕絹は希少品、今回は現地への直接依頼のおかげでやっと270着を確保することが出来ました。品切れの際は、ご容赦ください。

- トラックバック (0) -