日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
03~04年の作務衣 , デニム&カジュアル作務衣

高機能防臭立ち衿シャツ


好評の一着が、暖房での汗も気にならない防臭機能で登場!



肌着といえば、肌にじかに身につける、いわば着る方に最も近い装い。ですから、おめおめおろそかにはできません。当会ではご存知のように、実に多彩な肌着を取り揃えておりますが、それらを身に付けるか、はたまた若々しくTシャツでいくかは、皆さまのお好み次第ではございますが、大部分が隠れるからといって、適当に…というのは、せっかくの作務衣姿に画竜点睛を欠くというもの。目に付きにくいからこそ凝る、それこそ通の粋というものです。折りしも新年。新しい年は新しい肌着で迎えたい…そこで開発いたしましたのが、ご覧の「高機能防臭立ち衿シャツ」です。意匠は大正ロマンの粋で大好評の立ち衿を採用。



作務衣に合わせれば、襟元からのぞく立ち衿が、颯爽と闊歩する書生風で、実に粋な雰囲気と個性を醸し出してくれます。また、重ね着を考慮して、袖も七分袖にしてありますから、作務衣の袖からはみだすこともありません。さらに特筆は、カニキトサンを繊維に織り込み、、高機能防臭加工を施したこと。寒い冬に防臭?と首をかしげる方もいらっしゃるかもしれませんが、さにあらず。暖房がかなり効いている室内では、冬でも意外と汗をかいてしまうもの。だからこそ、汗をかいても気にならない防臭加工が重宝するというワケです。素材は綿とレーヨンの混紡で優しい肌触り。肌の敏感な方も安心して着られます。
- トラックバック (0) -
03~04年の作務衣 , 絹作務衣

シルクウール作務衣と羽織(2)


完璧な作務衣姿には、共布の羽織をお忘れなく。



大人が着るにふさわしい渋い絹の光沢を持つ格調の高さ、ウールによる優れた保温性、ミオガード加工の働きが創る気遣い無用の着こなし…。新作「シルクウール作務衣」の魅力は、前回のご説明である程度はご理解いただけたかと思います。しかし、これまで私どもが力説し、おかげさまで会員の皆さまからも大きなご賛同をいただいております、「完璧な作務衣姿には、共布の羽織を」という信条からすれば、作務衣だけでは魅力不足。しかも、前述しましたとおり、お出かけの多くなる時候、羽織はますます必需品…というワケで、この作品にも共布の羽織を開発致しました。素材は作務衣同様、絹とウールの共演。ちょっと厚手に仕立てましたので、保温性も高く、寒さの中でも凛々しい立ち姿をしっかりと創ります。



もちろん、ミオガード加工により、気遣い無用で作務衣姿がお愉しみいただけます。作務衣・羽織ともに、横糸に焦げ茶、縦糸にはグレーという2本の色違いの糸を採用。その糸と織りの相互作用により、パッと見にはグレーなのですが、光の加減や身体の動きにより実に微細な彩が生まれるのです。
- トラックバック (0) -
03~04年の作務衣 , 絹作務衣

シルクウール作務衣と羽織(1)


絹とウールの共演が、光沢と温もり、丈夫さを生む。



陽光も新鮮に感じる初春とくれば、光沢の魅惑を放つ絹の一着は限定品開発から外せません。しかもこの時候は年賀のご挨拶やご会合など、何かとご訪問やお出かけの増えるとき。しかし、スーツや着物ではありきたりで物足りない…とおっしゃる方にも、相手先に礼を逸せず、しかも個性をきりりと放つ絹の作務衣は、若者風で言えば、超の付くお薦め品。



そこで生まれましたのが、この「シルクウール作務衣」です。今回開発にあたり、スタッフが念頭に置いたのは、絹の光沢を渋く魅力的に表現すること、そして同時に暖かさも獲得すること。そのために、天然の素材の絹に、これまた天然素材のウールをプラスすることを試みました。



それにより、適度な光沢を放ち、大人が着るにふさわしい渋く輝く絹の表情を創ることに成功。また、ウールの働きにより、この季節にうれしい暖かさも生まれ、さらに丈夫さをも得ることが出来たのです。そして、全体から漂う厳かな格調を保つよう、水を弾き、汚れを防ぐ「ミオガード」を施してありますから、より気軽に絹の魅力をお愉しみいただけます。
- トラックバック (0) -
03~04年の作務衣 , デニム&カジュアル作務衣

デニム作務衣 クラシック


着込むほど風格がただよう、デニム作務衣シリーズ。



凛々しい格調に加え、タテ・ヨコともに綿の結束紡糸を使用し、手紬風に8オンスのデニムに折りあげました。丈夫さ、着心地の豊かさを追求。ある程度の年輪を経たような渋い表情は、着込むほどに味わいが増し、袖通すほどにしっくりと馴染みます。



袖口には調整可能なゴム紐が付いており、お好みに応じて筒袖と、絞ればゴム袖もお楽しみいただけます。ズボンの裾も袖と同様に、ゴム紐による調整が出来ます。履物に合わせて、スタイルの変化をお楽しみ下さい。



大人が楽しむに相応しいデニムの王者です。

- トラックバック (0) -