日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
麻作務衣 , 01~02年の作務衣

麻紺作務衣ブルーグレー(2)

麻の魅力をより気軽に!

そのご意見にある利点と同時に、肌に優しい綿の柔らかさも備えていますから、麻の入門着としてうってつけ。

今回の新作は、そんな麻の素晴らしさをより多くの方々に味わっていただきたく、彩りも薄茶を配した淡いブルーを採用。この初夏こそ、麻の登竜門に、麻混作務衣でお臨みを!
- トラックバック (0) -
麻作務衣 , 01~02年の作務衣

麻混作務衣ブルーグレー(1)

麻の魅力をより気軽に!

シャリ感のある心地よい麻は着てみたいが、手入れやシワなど、何かと気を遣いそうで…という、まだ麻を体験したことのない方々にぜひお薦めなのが、麻混作務衣です。

「麻と綿の混紡のため、麻ほどの気遣いも必要なく、それでいて麻本来の魅力であるシャリ感や優れた通気性による涼やかさを、より気軽に楽しめるところがいいね。今年の新作が待ち遠しいよ」と、昨年の初夏に初めて麻混作務衣をお召しになったある会員の方をはじめ、多くの方々からも、熱いラブコールをいただいております。
- トラックバック (0) -
01~02年の作務衣 , 麻作務衣

本麻作務衣

これが本麻?デニムと見まごう一着です。



ストローのような素材構造で、吸汗性と放熱効果に優れた天然素材・本麻の魅力が、デニムのような個性的な外観で愉しめる斬新な一着。



ザックリとした着心地、吸汗性・放熱効果に優れた爽やかさ、季節を堪能する作務衣通に、ぜひ一着はお揃えいただきたい素材です。



見た目は軽やかで涼やかなデニム、しかしその実体は正真正銘の本麻100%の作務衣です。縦糸にブルーを、横糸に茶を用い、デニム風に交織にて織り上げ、本麻でありながらデニムの個性を醸し出すという、かつてない本麻作務衣を開発いたしました。



二色の糸の相乗効果により、身体の動きや光の変化で微妙な彩の表情が生まれ、その印象度は変幻自在で、着心地も実に涼やか。デニムですか?いえいえ本麻ですよ。そんな会話も交わせる、愛好家としては、密かな誇りをいだき、ほくそ笑むことができる、新しい個性派をぜひお手元にどうぞ。
- トラックバック (0) -
麻作務衣 , 97~98年の作務衣

サマーウォーキング作務衣

“ちょっと”のつもりの散策が、つい足を伸ばしてしまう。そんな軽やかな気持ちにさせる一着です。







心も身体も思わず弾む、麻の風合いの涼感、そして着心地の快適さ。活動的な季節に合わせ、動きやすく、汗をかいても遠慮なく丸洗いOK。もちろん、おしゃれも抜かりなし。簡単着脱の替え衿が、散策の気分を盛り上げます。







季節の旬と愛でる心の贅沢。今まさに旬のサマーウォーキング作務衣で、快適に味わいたい。







いのち萌えるせっかくの夏。ここはひとつ、“精神の開放”と“旬の発見”を戸外で楽しむべく、出かけてみませんか。







夏が暑いのは自然の営み上あたりまえ。だからこそ、颯爽と胸を張り、「季節を楽しむ!」という凛とした思いこそ、旬を愛でるための基本。そうすればいつもの小路にも趣を感じ、緑の葉のそよぐ姿にも、旬の息吹を感じるはず。







そんなときこそ、待望の新作サマーウォーキング作務衣が真骨頂を発揮します。“これを着て散策に出ると、もうちょっと足を伸ばしてみようかな、という気分にさせてくれるから不思議だよ”と、ご試着いただいた方からも好評をいただき、まさに夏を制する“旬の作務衣”として当会スタッフがこの夏イチオシの逸品です。







清涼感あふれる麻の風合い、軽やかな着心地に加え、シワにならない、丸洗いできる、しかもお洒落な替え衿付と、その様相はまさに旬づくしの作務衣。この夏あなたを変える一着です。
- トラックバック (0) -
93~94年の作務衣 , 藍染作務衣 , 絹作務衣 , 麻作務衣

三絲織作務衣とはおり(さんしおりさむえとはおり)

春がすみの内より、まぼろしの如くあらわれ出た、彩り三様。降り注ぐ細き糸の雨に輝きを映しながら…往く。







三絲織作務衣「茜(あかね)」



春はあけぼの…と表される光の色。うららかで、希望に満ち溢れた彩りはいかがでしょう。







三絲織作務衣「藤(ふじ)」



棚いっぱいに咲き誇る藤の花をイメージしました。遅き春を飾るにふさわしい幽艶さ、薄紫の彩りは溢れんばかりの気品をかもし出します。







三絲織作務衣「檸(れもん)」



菜の花を思うもよし、タンポポに心馳せるもよし…しかし、敢えて“檸”です。香りを放ち実となりて、酸っぱい想いも伝える奥深き味わいこそ、この作務衣にふさわしい。







もちろん、羽織もです。「三絲織作務衣」三点に合わせてご用意しました。いずれも作務衣同様に三素材による雨がすり。もう今さら…と思われるかもしれませんが、やはり羽織を合わせるだけで作務衣の品格がぐんと高まります。



- トラックバック (0) -
99~00年の作務衣 , 麻作務衣

麻混涼風作務衣 風流(あさこんりょうふうさむえ ふうりゅう)


初夏のお洒落の真打ち、個性派の麻!

誰もがお洒落の手を抜きがちになる暑い季節に向かうときこそ、お洒落を豊かに楽しむのが粋というもの。



ならば麻で、それも人気の麻混で個性的な一着を創ってみよう…その想いから生まれたのが、麻混涼風作務衣です。



この奥深い彩りは、二色の糸を用いた効果によるもので、基本の色糸は紺染め。その紺色に、紫染めの色を絡め合わせ、段柄模様の印象的な意匠にて織り上げました。



もちろん、優れた通気性や吸汗性など、麻が持つ自然の機能性も備え、加えて、綿の優しさも兼ね備えています。



暑いからこそ、お洒落の手を抜かない…その心意気にご賛同いただける方にこそ着ていただきたい自信作です。
- トラックバック (0) -
99~00年の作務衣 , 麻作務衣

麻混作務衣 ブラック(あさこんさむえ ぶらっく)


麻は着たいが、シワになりやすいなど気を使いそう…という理由で麻を未体験の方々へお薦めしたいのが麻混作務衣です。

麻と綿の混紡ですから、本麻ほどシワになりません。それでいて麻の魅力であるあのシャリ感や爽快な着心地が味わえますので、これからの季節にもってこいの一着です。
- トラックバック (0) -
97~98年の作務衣 , 麻作務衣

本麻作務衣 松葉(ほんあささむえ まつば)


夏は旬の素材である麻。それも本麻のざっくりとしたあの質感、着心地がたまらない。



そんな方々に高く支持されている「本麻作務衣」。爽やかな緑を彩りに、満を持して自信の作品をお届けすることができました。



もちろん、本麻独特のシャリ感と涼感、着心地は、ファンのお望み通りです。

- トラックバック (0) -
97~98年の作務衣 , 麻作務衣

麻混作務衣 ベージュ・紺(あさこんさむえ べーじゅ・こん)


麻の入門編としてうってつけ。

麻の魅力が気軽に楽しめます。




麻を着てみたい、という方の入門着として最適な一着。



麻と綿の混紡ですから、本麻ほどシワになりにくく、爽快なシャリ感など、麻の魅力も同時に楽しめます。

- トラックバック (0) -
97~98年の作務衣 , 麻作務衣

本麻作務衣 葵(ほんあささむえ あおい)


本麻――素材そのものの質感で涼をとる。



麻のざっくりとした着心地とノスタルジックな魅力で、「夏の作務衣といえば麻に限る」というファンの方が増えています。



麻100%ですからシワも出ます。

また、手つむぎの糸を使っていますから生地は完全に均一というわけにはいきません。



しかし、それもこれも手づくりの醍醐味――そこがいいんだよ!という声もたくさんいただいております。



素材名を聞いただけで夏を感じる…そんな盛夏の作務衣です。

- トラックバック (0) -