日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
染&織作務衣 , 01~02年の作務衣

紗紬作務衣(2)

紗と紬の共演が、より豊かな夏の涼を奏でる。



本作品はご好評の紗をさらにグレードアップしたもので、特筆は紗と紬織りの風合いの共演です。それにより、生地に適度な凹凸と立体感が構築され、肌に涼しく見た目も実に爽やか。紗と紬の醸しだす程よい透間が光の変化を生み出し、豊かで魅力あふれる表情を創り出しています。



ご覧のように彩りは深く鮮やかな紺を用い、肌着とのコントラストもまた鮮烈で涼味たっぷり。暑いからと、誰もが装いに手を抜きがちになる夏だからこそ、この一着にて、夏を独り占めにしてください。
- トラックバック (0) -
染&織作務衣 , 01~02年の作務衣

紗紬作務衣(1)

目にも涼を呼ぶ紗と、洒落た紬との共演が実現しました。



着る方はもちろん、周囲の視線にも涼を呼ぶという和の粋な精神が込められた、夏の代表的な装いのひとつである「紗」。物理的にはもちろん、視覚的に涼感を呼び起こすという先人たちのお洒落な発想には、今の日本人が失ってしまった奥床しさや余裕が感じられ、つくづく頭の下がる想いが致します。



その素材を、古き佳き和の真髄を現代に蘇らせる、活かし広めるというコンセプトのもと、私どもではいち早く作務衣に採用し、「透かしの美学」としてシリーズ化して参りました。



「紗の透明感を作務衣で愉しめるなんて本当に粋な贅沢。肌着の白さが透かされ、清冽なまでの涼感がたまらないネ」



「夏の道を歩くと、周囲の視線が集まるのが分かる。この優越感は着たものにしか分からない」などと、おかげさまで評判しきり。
- トラックバック (0) -
97~98年の作務衣 , 染&織作務衣

ちりめん作務衣 丹後と羽織(2)

和の究極の技を作務衣に採用



「ちりめん」というと絹織物においては究極ともいうべき逸品。布地の表面を覆う独特の“しぼ”の味わいは、釣りの醍醐味が鮒にはじまり鮒に終わると言われるが如く、着物の魅力を追い求めた人が最後にたどり着くといわれるほど、和の真髄を表現したもの。



手入れも簡単、丸洗いもOK



しかし、「ちりめん」を着るとなると、どうしても気になるのが手入れの問題。雨に濡れると縮んでしまう、汚れると手入れに手間がかかる等、着るときに気を遣ってしまいます。とはいえ、作務衣自体が普段の生活に柔軟に対応し心おきなく着ていただくものである以上、高級感あふれる織りを採用した革新の一着といえ、汚れや手入れ等に懸念のあるものは作務衣とは言いがたく…。そのため、新作「ちりめん作務衣丹後」では、「ちりめん」の風合いを存分にお楽しみいただきながら作務衣の活動性も失わぬよう、素材にポリエステルを選択。ご自宅でも丸洗いできますから、悠々とその魅力をご堪能いただけます。
- トラックバック (0) -
97~98年の作務衣 , 染&織作務衣

ちりめん作務衣 丹後と羽織(1)

心身、装い心機一転の初春にて



初陽、初荷、初筆などなど…。事の初めは清々として、心地よいときめきに包まれるもの。身を清め、泰然自若と構え、衣服を正し事に臨む。軽やかな緊張感と共に踏み出す第一歩はまさに新しい歴史の始まりの瞬間でもありますが、さてここで一考。心身の正し方は千差万別、人それぞれの思いに拠るのですが、衣服は如何にあるべきなのか。



時、まさに、この一年を精神的にも左右する年のはじめ。単に装いとひと口にいえども、その人自身の今年にかける心意気を如実にあらわすもの。折りしも。昨年盛り上がった和の装いの大ブームは今年も続き、もはや流行ではなく、完全に定着するという声がマスコミ等でも叫ばれていることはご承知の通り。“やれやれ、時代がようやく我々に追いついたか”と内心大いにご満悦の会員の方も多いことと思います。



そこで私ども伝統芸術を着る会では、「和の元年」ともいえる今、ひとえにお薦めしたいのが、和の粋を極め、そこはかとない高級感と味わい、風格を生み出した新作「ちりめん作務衣」なのです
- トラックバック (0) -
01~02年の作務衣 , 染&織作務衣

綿刺子蜂巣織作務衣 紺

大人気の蜂の巣に新色が登場しました。



遠目には微細な表情を兼ね備えた無地かと想わせる彩りの奥深さ・・・寄れば見事な蜂の巣模様、この粋はまさに作務衣の通好み。



織りは、じっくりと時間をかけて開発にのぞんだ結果生み出された、綿との相性を重視し開発した本邦初の「蜂巣織り」。自然の造形をモチーフに、野趣豊かに織り上げた深みが、格調と個性を醸していると、登場して日も浅いながら、早くも大人気になりました。



先染による綿100%の肌触りのいい丈夫な生地に、蜂の巣が細やかに配されたような織りの意匠が施され、これまでの綿の作務衣の中でも飛び抜けた個性と野趣あふれる表情は実に見事。
- トラックバック (0) -
染&織作務衣 , 97~98年の作務衣

久留米織作務衣(グレー)


伝統の久留米織作務衣がこのお値段で!



横の写真でお分かりいただけるでしょうか。面つむぎのなんとも言えぬ風合い、自然の光が織りなす久留米織独特の光沢…。今回初めてご紹介できることになりましたこの「久留米織作務衣」。上品な薄緑色の抑えめな色合いが、伝統の織の微妙な風情をいっそう引き立てて、見事な仕上がりとなっています。



このお値段で本格的な久留米織が楽しめる…久留米織の本場から届いた価値ある一着、お見逃しなきように…。
- トラックバック (0) -
01~02年の作務衣 , 染&織作務衣

綿刺子織作務衣 藍市松(2)


【作務衣コミュニケーション】にうってつけの注目作!



そんな話を耳にして私どもは興味津々。これこそ「作務衣コミュニケーション」の旗印に相応しいモチーフと、創作意欲が大いに沸き立ちました。



そこで、佐野川市松の粋と意気軒昂な心持ちを作務衣にも採り入れ、お出かけの際に佐野川よろしく、行き交う人々の熱い視線を会員の方々に独り占めしていただこうと創り上げましたのが、「綿刺子織作務衣 藍市松」です。



素材は綿100パーセントで、ざっくりとした質感と着心地が人気の刺子織りにて仕立てました。その丈夫で、洒落心も効いた生地に、深く味わいのある彩りである藍を用いた市松模様を、表情豊かに施したのですが、ご覧の通りこれがまた秀逸。遥かな時を超えて、渋く、鮮やかに、着る方の個性を浮き立たせてくれます。袖を通せば気分はもう千両役者。



さて、こいつは春から縁起がいいねえ・・・などと口ずさみながら、街の視線も独り占めしに意気揚々とお出かけてください。



いいものは、時を越えて代々受け継がれます。だからこそ、歌舞伎の人気役者の名も、また彼らが着たものも支持を集め、現代に脈々と生きているのです。
- トラックバック (0) -
01~02年の作務衣 , 染&織作務衣

綿刺子織作務衣 藍市松(1)


江戸時代の人気役者佐野川市松の意気軒昂を藍で受けとめ楽しむ。



徳川吉宗の時代に、その輝くような美貌で江戸中村座の超人気歌舞伎俳優であった佐野川市松。「市松模様」は、彼が“心中万年草”という芝居の中の小姓・粂之助に扮したときに、紺色と白色の碁盤縞を並べた模様を袴に用いたところ、その美しい姿で人気沸騰。女性たちが争って浴衣や帯に採り入れるなど、庶民の間で大ブームを巻き起こしました。



「いよっ、粋だねぇ!」大向こうから、そんな声が掛かりそうな市松の作務衣です。



この時代、歌舞伎ファンたちは、自分の好きな役者が着ていた衣装の柄を染めさせた着物を着て、自分もその役者になったような気分で、得意げに町を歩くのが流行ったそう。市松模様を揺らしながら街なかを行人々の微笑が目に浮かぶような気がします。そんな流行を創った歌舞伎役者は、いわば時代のファッションリーダーだったんですね。
- トラックバック (0) -
99~00年の作務衣 , 染&織作務衣

ブラックウール作務衣


当会初!ウール作務衣の“黒”。遂に登場!



日本人と生まれたからには、やはり黒・・・と惚れ惚れとさせてくれるような荘厳ともいえる精神性の高さが、新春の空気を凛々しく震わせます。



袖を通せば軽く暖かく実に柔らか、静電気防止加工も施しています。



自然の恵み豊かなウールと、究極の彩り“黒”の見事な共演。



日頃のご愛顧に感謝の意を込めてお贈り致します特別企画祭。特に今回は、2000年と当会創立15周年が重なった稀有な年。特別企画作品にも一段と力が・・・と言いたいのですが、実はウール作務衣の黒でいくと決めていたのです。



それというのも半年前の夏の大感謝祭。特別企画作品の楊柳作務衣の黒が大好評、用意した200着がたちまち売り切れてしまい、お求め逃した方々はもちろん、ご購入いただいた方からも、“この次も、ぜひ黒で頼むよ”という強いご要望をいただいていたからです。



そのお約束を今回果たすことができました。黒の発するピシッとした精神性が、年頭に際して心を自然と引き締めてくれる待望の一着の登場です。
- トラックバック (0) -
99~00年の作務衣 , 染&織作務衣

重ね織作務衣 武尊

どっしりとした質感、複雑妙味な織り。雄々しい“武士(もののふ)”を思わせる黒の彩りに、不動の存在感が漂う。







生地の表情、コシの強さ、これは何とも・・・と、新作を前にスタッフの誰もが黙って深くうなずくばかり。一年に一度あるかないかという無言の絶賛を受けた誉れ高き新作は、まず糸創りから違います。







綿とポリエステル、それぞれの素材ワタを適宜組み合わせてひとつのワタを創り、そこから二つの素材が微妙に絡み合った一本の糸を紡いでゆきます。それを綿のみが染まりやすくできている特殊な染料を用いて染め上げることにより、微妙な濃淡の表情を持つ糸を生み出すという手の込みよう。







<重ね織り>仕上げの生地をさらに手間暇かけて加工







その糸を、生地にコシと味わい豊かな表情を生み出す<重ね織り>で織り上げることにより、えも言われぬ質感と風合いを持つ生地が仕上がります。それだけでも充分な趣があるのですが、生地の表面を人為的に削り取るという、実に手間暇のかかる工程を加えることにより、霞のような「刺子柄」の風合いを創り出しました。







贅沢に手間と暇、叡智をかけたその生地で仕立てた男女別仕立の新作は、見る角度や光の加減によって表れる雅な表情がため息もの。当会きっての人気の作務衣である“きぬざしこ”とはまたひと味違った風雅さをご堪能いただける一着と相成りました。







その芸術的ともいえる風合いに加え、目が細かく詰まった重ね織りの生地は冬の作務衣に不可欠な暖かさも獲得しています。







人気筆頭の彩りを採用、新春を席捲しそうな完成度







男女別仕立ての彩りは、当会ショールームにおける「一番着たい色は?」というアンケートから採用したもの。男性用は、世知辛い世相を颯爽と吹き飛ばしたいという思いが強いのか、猛々しい武士(もののふ)のイメージを込めた“黒”が圧倒的人気。







また、女性用は、より雅な思いが求められたのか、いにしえから高貴な彩りとしてあの源氏物語にも登場する美しい紫が大人気。女性らしい優美な舟底型の袖は便利なゴム袖、またお洒落な衿の切り返しを採用し、意匠の面でも魅力的な一着です。
- トラックバック (0) -