日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
袴&和服アンサンブル , 95~96年の作務衣

作務衣靴(スパンデックス)

伸縮性に富んだ別タイプもご用意。お好みでどうぞ。

「皮靴はどうも…もっと軽快に伸び伸びと履きたい」。そんな方のために、スパンデックス素材の「作務衣靴」をご用意しました。とても伸縮性に富んでいますのでどんな足のタイプにもフィット。靴底の素材や特殊溝加工などは本皮タイプと同様です。
- トラックバック (0) -
袴&和服アンサンブル , 95~96年の作務衣

作務衣靴(牛革)(2)

これからの季節に、ぜひおすすめです。

そこでご紹介。名前もズバリ「作務衣靴」といたしました。シンプルで軽やかな形は、作務衣スタイルにピタリときまります。素材は本格的な牛皮。足の差し入れをゴム加工していますので履きやすく、きゅうくつさもありません。さらに、靴底は足にやさしい特殊な溝が刻まれたゴム素材ですから、走りまわっても音がせず、まわりを気にする必要もありません。これからの季節は素足のままでもお履きいただけます。作務衣をよりカジュアルに着たいときに、欠かせぬ「作務衣靴」。ぜひ一足ご用意を。
- トラックバック (0) -
袴&和服アンサンブル , 95~96年の作務衣

作務衣靴(牛革)(1)

念願の〈靴〉をご紹介。これで作務衣の世界がグンと広がります。

作務衣の開発と共に、当会ではその周辺、関連商品も合わせてご提供してまいりました。特に、作務衣での外出時に欠かせない商品――袋物やバッグ類、羽織やコート、そして下駄や雪駄の履物まで他には見られない品揃えをしてきたつもりです。

ところが、ひとつ宿題として残されていたのが〈靴〉だったのです。と申しますのも、当会では作務衣の伝統的な様式にこだわらず新しい着方のご提案を続けていますが、下駄や雪駄だけではどうしてもその幅に限界があるのです。商品撮影のためにスニーカーなどを使用することはありましたが、ここはひとつ、作務衣に合う靴を、と思っていました。
- トラックバック (0) -
袴&和服アンサンブル , 91~92年の作務衣

二部式着物 正藍染飛騨刺子 ぼたん(2)

松坂木綿を正藍染古代裂をアクセントに。

正藍染の濃い藍地に白糸で刺した蝶の群舞。このコントラストの妙と端正なまでの美しさは着る人はもちろん、見るものの心をとらえてはなさないことでしょう。

素材は高級綿として有名な“松阪もめん”。染めは正藍染と本格派。また前作と同様に、蝶の頭部に“古代裂(こだいぎれ)”を使用。目立たず控えめでいながら、随所に高級感を配した奥ゆかしさこそ、飛騨刺子の情話といえましょう。
- トラックバック (0) -
袴&和服アンサンブル , 91~92年の作務衣

二部式着物 正藍染飛騨刺子 ぼたん(1)

飛騨刺子の純朴な美しさが大好評!春の新作をお届けします。



前号で始めて登場した飛騨刺子の二部式が大変な評判を呼びました。当会としましても、二部式の先兵として送り込んだ自信作だっただけに嬉しさもひとしお。早速、春の新作をご用意させていただきました。



春を待ち望む思いを蝶に託して刺す――。



中部山脈の山間を縫うようにたどりつく飛騨高山。盆地特有の底冷えのする寒さが足元からはい上がってきます。この地で女性たちはその昔から、質素で素朴でありながら独創性に富んだ刺し模様を生み続けているのです。



外は一面の銀世界。炉端に座った母と娘が黙々と針を進めながら想うことは、やがて来る春への賛歌だったことでしょう。そんな想いが布地にみごとに描き出されています。草木が芽吹き、やがて花が咲き乱れる季節ともなれば、我が世の春とばかりに舞い踊る蝶々たち――。この蝶をモチーフに刺したのが、春の新作「てふてふ」です。
- トラックバック (0) -
01~02年の作務衣 , 袴&和服アンサンブル

正絹着物セット 銀鼠


会合や訪問には、そろそろ着物を・・・という方に最適です。



年末・年始になると、街を往く人々の着物姿が気になりはじめる。これも和の落ち着きや趣きに引かれ始めている証拠かな・・・そんな心持ちになったら、貴方もそろそろ、着物の似合う、渋さと年輪を併せ持った、粋な男の年齢。



和の装いの魅力の深みと素晴らしさを普及して参りました伝統芸術を着る会と致しましては、いつでもドンと構えていてほしい大黒柱だからこそ、いい着物を最初から着ていただきたいと思うのです。



それもお得に揃えていただけたら、もっと和の愛好家や作務衣同好の士もぐんと増えるに違いない・・・そんな思いをもとに生まれたのが、ご覧の「着物セット」です。
- トラックバック (0) -
91~92年の作務衣 , 袴&和服アンサンブル

カシミアインバネス 高貴(ロイヤル)(2)

贅沢な風合い。異彩を放つダンディズム!







その人気を誇るインバネスに新作の登場です。名称は「カシミアインバネス高貴(ロイヤル)」文字通り、カシミア仕立てのインバネスです。インドの高冷な地、カシミール地方に生息するカシミア山羊の毛を綾織りにしたカシミア。天然繊維の王と呼ばれるこのカシミアでインバネスを仕上げようというのですから、当方も少なからずの緊張を強いられました。







しかし、一度インバネスを再現した経験は貴重で、「浪漫」のようなみごとな出来映えを得ることができました。撮影のとき、モデルさんの思いつきで被ったベレー帽もジャストフィット。非日常的でドラマ性の強い外套がますます異彩を放っています。







快い暖かさはお墨付き、軽さ、肌触りも抜群!







肌触りがよく、シルクのような光沢が得られ、柔らかく軽い―と定評のある高級素材“カシミア”による仕立てですから、快い暖かさはお墨付き。そして、この贅沢感は他に例えようがないほどです。
- トラックバック (0) -
91~92年の作務衣 , 袴&和服アンサンブル

カシミアインバネス 高貴(ロイヤル)(1)

天然繊維の王と言われる“カシミア”でインバネスを仕上げました。







あれからほぼ一年、早くも“今年も作るのか?”とか、“予約したいのだが・・・”といったお問い合わせが相次いでいます。あまりのご好評に、このインバネスについては、昨年より着々と準備をすすめてまいりました。







大好評!即完売!







昨年の冬号で発表したインバネスが大変な評判。あっという間に100着が完売。それは、まさにセンセーショナルな出来事でした。そして今年も・・・







まず、昨年の正藍染インバネス「浪漫」の量産態勢づくり。さらに、要望の多いインバネスの高級化がスタッフに課された宿題でした。そして、「カシミアインバネス高貴(ロイヤル)」が誕生しました。つづく・・・
- トラックバック (0) -
91~92年の作務衣 , 袴&和服アンサンブル

紳士カシミア和装コート


作務衣に羽織るも良し



寒い季節のお出かけに、ただゴテゴテと着ぶくれするのはヤボというもの。こんな時こそ、男のダンディズムだ。コート、ブルゾン、マフラーと“粋”を演出するものには困らない。おっと、インバネスも・・・。



この愉快さを一度味わってしまったら冬が待ち遠しく、北風が友人となってくる―
- トラックバック (0) -
99~00年の作務衣 , 袴&和服アンサンブル

サミア インバネス(ブラウン)


冬の主役、外套。寒に舞う・・・浪漫を秘めて。



昔懐かしい、だがどこか新しい香りに満ちて・・・。あえて“外套”と呼びたいその深い魅力。人が知らない、着ないからこそ、まとう慶びもひとしおです。



懐かしさと新しさが同居する妙。



想像してみてください。寒風の中、颯爽と背を伸ばし、外套の裾を優雅にひるがえしながら歩き行く人の姿を・・・。他では決して見られない、実現することのできないそんな風雅をお贈りできるのも、古き佳き文化と装いの復刻・普及に相勤める当会ならでは。



まずご紹介いたしますは、スコットランドに生まれ、大正の時代に愛された<インバネス>。様式通りに復刻し、ご紹介するごとに大評判を呼ぶ作品です。今回の新作は、超極細繊維(毛髪の約20分の1)という新素材を用い、ソフトな肌触りと、実に軽やかな着心地を実現したもの。外套といえば何だか肩が凝りそうで・・・という方にもぜひお薦めしたい、抜群の暖かさと素晴らしい見映え、まとっているのを忘れそうな軽やかな着心地を実現しています。



彩りは、お洒落の上級者が好むというキャメルを採用。どんな色の作務衣や服でも相性が良く、しかもたまらないほど格好が良い。この冬はインバネスが面白い。個性派の貴方へ贈ります。ものです。
- トラックバック (0) -