日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
◆種類で見る和服「作務衣」 , 87~90年の作務衣 , カタログ和服こぼれ話

趣味の交差点(2)

これからの季節に食べられる野草。

【セリ(セリ科)】
春の七草を読み込んだ歌にも最初に出てくるおなじみの野草。全国の湿り気のある田んぼのあぜ道などに自生する。若苗や茎葉を食べる。ゆでて削り節をかけて食べたり、ゴマあえにするとおいしい。その他、天ぷらにしたり、漬物にしてもよい。

セリは、香草というべき野草なので、スズキやニジマスの腹に詰めて塩コショウし、とろけるチーズをまぶしてホイル焼きにすると美味。尚、五月頃「ドグゼリ」がセリと同じくらいの大きさに育つので、間違って食べないようにしたい。

ドグゼリの特徴は、地下茎がタケノコ状で大きく、直径4cm、長さ10cmにもなることがある。また、茎が太く中空で、高さ1mを越えるほど大きくなることもある。ドグゼリの葉は、鋭いノコギリ歯状をしているため、セリとは区別が付けられる。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

趣味の交差点(1)

私たち日本人の身体には菜食がピッタリ

明治維新による文明開化以来、私たち日本人の生活は大きく様変わりしてきた。とくに食生活は、動物性蛋白質を中心とする肉食が増え、これと反比例するように魚や野菜をあまり摂らなくなってきた。

しかし、明治以前の日本人の食生活は菜食が中心で、動物性蛋白質は主に魚介類にたより、肉食はせいぜい鳥肉か卵を用いるかであった。こうした菜食中心の食生活を太古の昔より続けてきたため、私たち日本人の小腸は欧米人に比べてはるかに長い。

調が長いということは、逆に言うと、肉食には元来向いてないということだ。にもかかわらず、野菜をあまり摂らずに肉食ばかりを好んでするため、最近では便秘の人が多い。便秘は身体に非常に悪い。ほおっておくと、毒素が血液に逆流するからだ。

最近、若い女性の間で、肥満を気にして野菜サラダをたくさん食べる人が増えている。しかし、この野菜も、温室で促成栽培したものが多く、ビタミンやミネラルが極端に少なくなっているのが現状だ。

それに比べて、野草は太陽をたっぷり浴びて育っているので、味や口当たりは野菜より多少劣るが、栄養的にはむしろすぐれているものが多い。蛋白質・ビタミン・ミネラル類が多く、しかもセンイ分の豊富な野草で便通をよくし、身体に精気と活力を呼び戻したいものだ。
- トラックバック (0) -
デニム&カジュアル作務衣 , 87~90年の作務衣 , カタログ和服こぼれ話

この夏は、ルーズファッション「甚兵衛」で爽やかに

すだれ、打ち水、行水、花ござ。高温多湿な日本の夏を少しでも涼しく過ごすために、先人はさまざまな工夫を重ねてきた。もっとも、木としっくいと紙で作られていた日本家屋は、現代人が考えるよりずっと涼しいものであったかもしれない。

だが、いずれにしても、むし暑い日本の夏。自宅でゆっくりくつろぐには、ぜひルーズファッションといきたいものだ。第一、身体にぴったりと張りつくようなタイトなホームウェアでは、暑い上にくつろげないからだ。そんな、夏場に涼を求めるくつろぎ着として、いま「甚兵衛」が静かなブームになっている。その爽やかな肌ざわりと風通しのよさが人気の理由だ。

この夏を爽やかに乗り切っていただくための、レトロ感覚あふれるルーズファッション「甚兵衛」。ぜひ一度、お試しになってみてはいかがだろうか?
- トラックバック (0) -
◆作務衣と和服の豆知識 , 91~92年の作務衣 , デニム&カジュアル作務衣

創作のれん-日本のまつり-(2)

祭りの熱気や掛け声までが部屋に満ち溢れるような暖簾-思わず引き込まれてしまう

京都が誇る染織デザイナー清水章夫氏が描き上げた力作<日本のまつり>シリーズのうちから三点<三社><七夕><竿灯>を御紹介いたします。

原始布織による本麻の硬質な質感の中に、それぞれの祭りの持つ伝統や情緒、そして熱気までもが香り立つように描かれています。粗目の生地に対して精緻を極めたデザインの対比はみごとの一語。もう、これは使うというより、アート・インテリアとして飾りたいほどの絶品。おはやしや掛け声、騒めきなどが部屋に満ちて-夏がやってきます。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

素敵なオジサマと言われるための…「40代からのファッション」(2)

自分では分かりにくいファッションセンス。



仕事が終わって、帰り道にちょっと一杯。そして、「家にたどり着けばパジャマに着換えて寝るだけ」という生活が習慣化している人も多いことと思う。



しかし、こんな生活の中でも、ちょっと視点を変えてみると、意外なことが発見できるから面白い。例えば、寝る時にだけ着るパジャマ。これは不思議なことに、結構オシャレなものを着ている人が多い。



ネクタイやジャケットやスーツなど、ふだん会社に着ていくものは、自分のセンスを信じ、必ずといっていいほど自分で選び、冒険せずに地味なものを買ってくるのにだ…。



ところが、パジャマなど普段着感覚のものは、靴下や下着などといっしょに奥さまがデパートやスーパーで買ってきたものを、そのまま身につけているケースが多い。奥さまが買ってきた当初は、パジャマ派手さに文句を言ったりするものだが、自分では、その類のものは照れもあって買いに行けず、結局「家の中だからイイや」ということで、毎日着ている。その派手なパジャマが、結構サマになっているのを気づかないのは、案外本人だけかも知れないのにだ…。



普段着は「ゆったりと動きやすい」のが基本



最近、パジャマの代わりにもなり、外出も出来る普段着が増えてきたが、やはり「動きやすく、ゆったりしたもの」がうけているようだ。例えば、日本調のものであれば、高級感あふれる藍染めの作務衣。また、リゾート調のものであれば、トレーナーやスエットスーツの類などがそれだ。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話

素敵なオジサマと言われるための…「40代からのファッション」(1)

40代以上の人たちにふさわしいファッション



最近、至るところでファッションの話を耳にするようになった。ところが、どういう訳か、40代以上の人のためのファッション情報は、意外と少ない。そこで編集部では、ファッション評論家・地主金一郎先生のお話をもとに、「40代以上の人たちにふさわしいファッションとは何か?」を考察してみることにした。



以前から、40代以上の人に向けての普段着、つまり、くつろぎファッションというものがあった。例えば、10年前にブームになったゴルフウェアが主流の通称「オジン・ファッション」などもその1つ。これは、大多数の人たちが購入したことがあると思うのだが、結局、ゴルフウェアの派手な色使いから、今ではリゾートユースに限られ、大体の人が即にタンスの隅にしまってあるのではないだろうか?そして、せっかく<くつろぎファッション>を購入しても、多忙なためか、着換えないうちに段々と着なくなってしまったりする。



また、日曜なども、日頃の習慣からワイシャツを着ていたり、ネクタイ姿でいるというように、くつろぎファッションとはほど遠いスタイルで過ごしがちだ。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話 , 99~00年の作務衣

祝二〇〇〇年 作務衣で迎えるお正月。(2)


年代が記念となる古酒の如く、新年も節目となる逸品に



だからこそ、毎年年頭に発表させていただく“お正月の作務衣”、大好評の<寿シリーズ>の新作をいかにすべきかということで企画会議も白熱。



これまで私どもを叱咤激励、応援してくださった方々に対する御礼の証であり、また、この15年間の創造の結晶とも云える節目の作品だからです。



あたかも、極上の和の醸造酒が年代にこだわる如く、二〇〇〇年と云う忘れ難き年の想い出を、不朽の形として残すための一着・・・そのためにスタッフがもっともこだわったのが彩りでした。



節目の年の“寿シリーズ”彩りは福なる松にて決定!



スタッフの間で飛び交っていた意見が徐々にまとまり始めました。めでたさ、祝い、日本の象徴・・・そうくれば富士・・・そして、松!縁起物としても愛されるその姿、激しい風雪を耐え抜く生命力の強さは、見る人に力を与えてくれる。しかも来る年は、次なる千年への華々しい門出。新しい時代への門松としての意味も込められる。



たちまち全員一致、寿シリーズの新作の彩りは福々しい松の彩りにて決定。その銘も次代への門出の満々たる喜びを込め、堂々と<慶寿>と銘乗ります。
- トラックバック (0) -
カタログ和服こぼれ話 , 99~00年の作務衣

祝二〇〇〇年 作務衣で迎えるお正月。(1)


記念の年には想い出をカタチで残したい-。だからこそ、門出に似合う作務衣を選ぶ。



生々流転、波乱に満ちた年が暮れました。来る年は、千年代の大転換という特別なもの。この稀有な舞台に、当会が創立15周年を迎えたのも、何か大きな縁のようなものを感じ、いつもの年の瀬にもまして、スタッフ一同感慨の面持ちで臨んでいます。



少し大仰かもしれませんが、思えば過ぎ去ったこの千年代という時代は、大和の風雅が、合理性という思考のもと、西洋文化に席巻された時代でもありました。



確かに洋にも利点があるのは否めない。しかし、和の美徳が影を潜め、様式美と心のみそぎの真骨頂であるはずの年賀の席までもが洋風化してしまったのは実に淋しい限り・・・。



『作務衣で迎えるお正月』も今年は一段と特別に・・・



緊張とくつろぎが絶妙な釣り合いで昇華し、新年にかける清々しい想いに思わず背筋が伸びたあのひと時を忘れたくない、残して行きたい・・・。当会のそんな想いが、設立当初から『作務衣で迎えるお正月』と云うライフスタイルを提唱させたのは、皆さまご存じの通り。今では、年末近くになるとたくさんの会員の方々から、“今度のお正月も、和三昧で優雅に過ごします”“正月おろしの新作、愉しみにしているよ”などと云うお便りをどっさりといただきます。



これも私どもが謳い続けてきたそのテーマが、小さな水の滴が岩に滲み渡り巨大な石柱を創り挙げるように、この15年の間に広く深く皆さまの間に浸透している証。実に嬉しい限りです。



次回へ・・・
- トラックバック (0) -
93~94年の作務衣 , カタログ和服こぼれ話

新玉の年ももう間近


年末、元旦、初詣・・・などのお正月



一年、三百六十五日が過ぎると気分も新たに年が始まります。いつ、誰が考え出したのか知りませんが、こんな時間の区切りというのはとてもいいものです。人生が、いや歴史がただ何百何十万何日・・・と区切りなしに続くとしたら、味も素っ気もないものになることでしょう。年号があったり、百年を世紀で表したり、一年は十二ヶ月、ひと月は三十日という具合に切りがあることは、日々にメリハリを付け四季の移ろいも合わせて、私たちの暮らしをみずみずしいものにしてくれる、とても人間的なシステムだと思います。



伝承の儀式や様式―お正月は檜舞台です。



その最も象徴的なのが“正月”です。十二月は三十一日の深夜まで取り立てに走りまわる借金取りも、除夜の鐘と同時に“おめでとう”―これは別に落語の世界だけの話ではありません。新しい年のめでたさや晴れがましさの前では、旧年のイヤなことやつらいことも姿を消してしまうということです。



というわけで、今年も残りわずか。何かと大変だった平成五年も、一夜明ければ希望に満ちた新しい年のスタート。何代にもわたり伝承されてきた儀式や様式の舞台が、松が取れる頃まで華やかに厳かに展開します。家族全員が、あたかも時代劇やドラマの主人公みたいに気取っていたり、お父さんがお父さんらしかったり・・・多少のテレくささはあっても、それでいいのです。それが、まさにお正月なのですから。



行く年来る年―



伝統芸術を着る会のカタログ「作務衣かたろぐ」が、こんな形で内容を深くできるのも、会員の皆さまの意識の高さ、ホンモノを見極める確かな目に支えられていることに尽きます。その意味も込めて、日ごろの皆さまのご支援とお引き立てに深く感謝いたします。同時に、皆さまにとって、来るべき新しい年が佳い年でありますよう、末筆ながら心よりお祈りいたします。
- トラックバック (0) -
甦る日本の和服 伝統技術と匠の技 , 97~98年の作務衣

『透かしの美学』ここに極まる。(2)

八代目と力を合わせ、『透かしの美学』が遂に完成



新作「本藍染すかし絣作務衣」は、まさに夏の作務衣の究極品。その魅力は、実際に触っていただければお分かりいただけると思います。



藍染めが醸し出す深い趣、しばり絣を用いた手作り感覚あふれる自然な織の味わいとシャリ感には惚れ惚れするばかり。



さすがは脂の乗りきった八代目の仕事。参りましたと頭を下げるスタッフの心の視線の向こうには、新作をまとう貴女の姿はもちろん、それを見やる周りの方々の涼しげな表情が、しっかりと浮かんでおりました。
- トラックバック (0) -