日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
99~00年の作務衣 , 染&織作務衣

古織揚柳作務衣(こしょくようりゅうさむえ)

古織が瞳に涼を呼ぶ。



新しい楊柳のため、温故知新の習いがあるように、悩んだら古き佳き伝承を発掘せよ、とばかりに膨大かつ様々な文献をあさるうちに出会ったのが、“古織(こしき)”という、まさに字の如き、いにしえからの織り。



生地全体に、涼感を強めるしぼ付けのような文様がさりげなく表れるその織りを、いざ採用させていただきました。



その表情は、夏の蒼空のような彩りとあいまって、実に涼しげ。事実、織りの特性により、これまでの楊柳作務衣以上に通気性が高まり、着心地も抜群の涼感あふれるものと相成りました。



トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。