日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
99~00年の作務衣 , 染&織作務衣

揚柳作務衣 ブラック(ようりゅうさむえ ぶらっく)




一着は欲しい“夏の黒”、陽光に潔く映える。



皆様のご愛顧と叱咤激励のおかげを持ちまして、当会創立15周年という特別な年。大輪の花火にも似た、特別な驚きと慶びを皆様にお贈りしなければ…とお披露目に至りましたのが、「揚柳作務衣 ブラック」です。



「特別な作務衣となれば、彩りはやはり究極の黒でいきたい」

「生地は“黒の彩りをぜひ!”とのご要望の多い楊柳で」



と、スタッフ会議がことのほか盛り上がった新作は、黒というよりも思わず「ブラック」と鋭く発したくなるような、陽光に潔く映えるダンディズムあふれる彩りとなりました。



季節柄、お盆のお出かけ用としてはもちろん、フォーマルな場への装いとして、重宝な一着となること請け合いです。



トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。