日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
93~94年の作務衣 , デニム&カジュアル作務衣

正藍染竜巻絞り 綿絽甚兵衛(しょうあいぞめたつまきしぼりぞめ めんりょじんべえ)


盛夏の装いとして本格仕立ての甚兵衛が見直されています。



ちょっと陰が薄くなっていた“じんべえ”が、このところ徐々に見直されてきているようです。それも、スーパーなどで売られている普及品ではなく、本格仕立ての甚兵衛が人気とか。当会としてはこの傾向を“何を今さら…”という感じでとらえています。



「伝統芸術を着る会」では、発足以来、夏の作品としてさまざまな甚兵衛を開発し、ご提供して参りました。それも、盛夏の装いとして親しまれてきた伝統の一着ですから、作務衣と同様に本格仕立てを一貫して続けてきました。そのためでしょうか、当会ではこの季節が来ると甚兵衛のご用命が急増します。



高級品をさり気なく崩して着る――これが粋!



例えば綿絽甚兵衛。夏季に限定すれば作務衣に匹敵する人気を誇っています。綿素材のご本絽、染めは正絹竜巻絞り――と、まさに本格派。

年に一度の歳時的な要素を持つ装いだからこそ、ちゃんとしたものを着たい――という見識の高い会員の皆様がいかに多いかを、この甚兵衛人気が証明しています。



しかし、高級品だからと言って気を遣う必要はありません。素肌にざっくり少し着崩して、さり気なくお召し下さい。それが粋というものです。


トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。