日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
87~90年の作務衣 , デニム&カジュアル作務衣

本藍染甚兵衛 縞柄、本藍染甚兵衛 無地(ほんあいぞめじんべい しまがら、むじ)


団扇片手に下駄鳴らし、粋でいなせな夏姿――よくぞ男に生まれけり。



袖を通し、前を合わせてひもで結ぶ。ゆったりとした着心地と、サラッとした肌ざわりが何とも言えず心地良い。どこかで風鈴がチリリン…涼風が通り抜け、身はもちろん、心の窓までがすっかり開け放たれていく。

ゆかたが女振りだとすると、この甚兵衛は、まさに男振り。うちわ片手に下駄を鳴らして歩く、粋でいなせな姿が目に浮かぶ。



素材、織り、染めのすべてが本物志向!



「縞柄本藍染甚兵衛」は粋でいなせ…を現代風にアレンジ。計算された縞柄の濃淡が、いかにも夏らしいと好評。本綿100%の布地から肌に伝わる清涼感と、糸染めからすべて手染めで仕上がった本藍染の色合いは絶品。洗うほどに藍の渋さが深まってくる。

縞柄がちょっと大胆すぎてという方には、無地もある。こちらは、藍無地にひと際目立つ白いかがり糸が印象的。しっとりと渋い色合いは、特に年配の方に評判が良い。



どんな背景にもマッチする甚兵衛!



いずれの甚兵衛も、ウェアとしての機能性は抜群。ゆったりと着られ、のびのびと自由に動くことができる。

また、どんな背景にもマッチする現代的感覚を持っているので、近所への用足しや旅行先でのくつろぎ着としてもサマになる。ましてや、このような高級甚兵衛とくれば、まわりのあなたを見る目はガラリと一変するに違いない。高級品を少し崩して着る。夏のお洒落はこうありたいもの。

盛夏涼装――今年の夏は下駄など鳴らして“日本人”してみるのも一興ではないだろうか。



トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。