日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
93~94年の作務衣 , デニム&カジュアル作務衣

高機能作務衣 墨彩と緑彩(こうきのうさむえ ぼくさいとりょくさい)

友、遠方より来たる。同じ衣に着替え、ひざ突き合わせて杯を交わす。心解き放たれ、時は遡り話は尽きず。秋の夜長も足りぬ程――。



こんなひと時はいかがでしょう。ゆかたやパジャマもいいけれど、揃いの作務衣なら相手の方も大喜び。



そんな時、ご紹介の「高機能作務衣」がうってつけ。シワを気にすることもなく、お酒がこぼれても平気。そのまま寝入ってもいいし…。



ご本人の作務衣以外にもう一着。訪れる人のためにご用意を。私どもからのご提案です。



トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。