日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
91~92年の作務衣 , 藍染作務衣

武州正藍染羽織

ちょっとこだわって拒み続けてきた、あの“武州”の羽織がいよいよ発表。



作ろうと思えば、いつでも作れました。実際に、“古き佳き作務衣を現代に甦えらせたい”という目的に沿って、記念すべき「武州正藍染作務衣」が産声を上げた時も同時に試作品としてこの羽織も出来上がっていたのです。



それなのに、当会が今まで、この「武州正藍染羽織」を世に出さなかったのには次のような理由があります。



当会では、この「武州正藍染作務衣」を、その後次々と開発しているすべての作品の原点と考えています。この作務衣だけは、古き佳き伝統、形式や様式を可能な限り“そのまま”にとどめておくべきだと強く思っていたのです。

古き佳き素のままの作務衣として、頑なに羽織まで拒み続けてきたというわけです。



会員の皆様から叱責に近いご要望が!



このこだわりに対して、会員の皆様からは“武州の羽織をなぜ作らないのか!”という叱責に近い声がどっと押し寄せました。確かに、他の作務衣に羽織はあるのだから…という皆様のご要望もまた真理。



そこで、この羽織だけは、作務衣と切り離してご要望にお応えしようということに決定いたしました。

つまり、作務衣に対するこだわりを保つ一方で、皆様のお好みにもお応えするということです。



その意味もあって、武州とはもちろんですが、他の作務衣との組み合わせを、当会としては強くおすすめいたします。

素材、染め、織り…すべて「武州正藍染作務衣」と寸分変わりません。


トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。