日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
95~96年の作務衣 , 絹作務衣 , 袴&和服アンサンブル

正絹袴アンサンブル 絹天竜(しょうけんはかまあんさんぶる きぬてんりゅう)


数ある当会の生地素材の中から、袴アンサンブルにふさわしいと白羽の矢をたてたのが、ご存知、正絹樹木染の「絹天竜」でした。



絹を樹木で染めることから生じる自然な輝きは、これまでの袴アンサンブル「銀鼠」とは趣を異にする色合いと風合い。



仕上がってみると思惑通りの出来栄え。藍衿の肌着に黒足袋雪駄で決めれば、これぞ日本男子のダンディズム。得も言われぬ雰囲気が漂います。



従来の和装アンサンブルに優るとも劣らぬ新しい新様式は、祝いの席などに最適。堅苦しい礼服に換えてこんな姿でお出かけになると、参列者の視線は釘付け。あなたのセンスがひときわ光ります。


トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。