日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
甦る日本の和服 伝統技術と匠の技 , カタログ和服こぼれ話

染めを愛し、川はゆったり流れゆく。織りにこだわり、匠は熱く技放つ。(1)

染めの名里に清流あり。織りの匠工に自信あり。







作務衣の基本、素材は綿、染めは藍。実にシンプル極まりませんが、だからこそ奥が深い。あなどれない。



そのため「伝統芸術を着る会」では16年前、創立するにあたってしたことは、まず、納得できる染めと織り処を探すことだったとか。







いい織りの里、染めの里…とくれば、生地を洗う清流が必ず一緒にあるはず。それをもとに東奔西走、全国を駆け回った結果、その法則が正しかったことを発見したそうです。







谷川連峰の峻烈な清流を利根川にいただく、埼玉北部の「武州」。



四国三郎の異名を持つ吉野川を擁する、徳島の「阿波」。



そして遠州の通り名で知られる織りと染めの重鎮、静岡の「西ケ崎」。







いずれも全国に名を馳せる染めと織りの里。その名里を作品創りの中心として、正藍染を基本に、草木染め、茶染めなど、多彩な染めに挑戦し、世間をあっと言わせた作品を「伝統芸術を着る会」が次々と発表し続けていることはご存知の通りです。





トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。