日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
99~00年の作務衣 , 染&織作務衣

シルクタッチ作務衣


シルクの輝きを気軽に。



確かに正絹の作務衣は憧れの先鋒。一度は袖を通してみたい。だが如何せん作務衣に馴染んでまだ間がない…という方や、絹はいいが値段がちょっと…という方に、シルクの光沢や感触がより手軽に味わえる“シルクタッチ”の新作が生まれました。



いわば、気兼ねなしに着こなせる、“シルク風のお洒落着”とでも申しましょうか。より気軽に光沢となめらかな感触を普段の暮らしの中で存分に楽しんでいただきたい…という思いで創り上げた新作です。



彩りは光沢をより美しく鮮やかに際立たせるブルー。春の清々しい蒼空をそのまま生地に仕立てたような風合いが心身をより爽やかにしてくれます。着る場面は、例えば春のホームパーティー。お客様との話題創りにも、きっと一役買ってくれることでしょう。


トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。