日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
◆種類で見る和服「作務衣」 , 91~92年の作務衣

麻混生成肌着

透かしの美学を持つ絽の作務衣なら肌着は、もう、作務衣の一部です。







作務衣に肌着を――私ども伝統芸術を着る会では、このことを一貫しておすすめしてまいりました。最初は綿の肌着で用が足りていましたが、絹素材の肌着が大変な評判となり、肌着を合わせる方が急増いたしました。











麻を30%加え5分袖に吸汗性も抜群!







そしてこの度、絽の作務衣の登場となった次第です。普通なら夏だから…と、肌着の開発はおあずけとなるところなのですが、“絽”となると話は別。それどころか、絽に合わせる肌着は不可欠です。そこで開発されたのが、絽の作務衣専用ともいうべき「麻混生成肌着」です。







様式美とはいえ、いくらかでも涼しく肌ざわりの良いものと、綿を基布として麻を30パーセント加えました。さらに、これまでの肌着より袖を短くし5分袖に仕立てています。藍染に実によく調和します。絽の地から透かして見える肌着の白さは視覚的にも涼しげ。さらに、すててこの機能と同様に吸汗性があり、着脱のすべりもよくなります。



トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。