日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
01~02年の作務衣 , 染&織作務衣

圧縮ウール作務衣(2)


作務衣らしい作務衣を創る、[圧縮ウール]の妙味



これは、天然素材のウールを湿らせた状態で揉みほぐし、そこに熱と蒸気を加えてびしっと縮めるという、手のかかる手法を採ったもの。そのため布の構造がより密度と厚みを増し数々の利点が生まれるのです。



その主な利点とは…●全体にハリとコシが出て、しっかりとした着心地が楽しめる●布地の強度が増し丈夫なため、着る際に気遣いが不要●生地の密度が高いため寒風が通りにくく実に暖か●圧縮しているために生地が縮まないと、まさにいたれり尽くせりの嬉しさを創り出してくれる、まるで作務衣のために生まれたような素材だったのです。



裏地には滑りのよいポリエステル素材を用い、滑らかな袖通しはもちろん、秋冬特有の嫌な静電気も防ぐ加工や、吸汗性を持たせたのも嬉しいところ。彩りも男女別に設けてございますので、その見事な着映え加減など、ごゆるりとご覧ください。



彩りは通好みの“茶”を筆頭に参ります。



いかがでしょうか?私どもが初心に戻り、たっぷりじっくりと時間をかけて開発いたしました「圧縮ウール作務衣」の第一印象は…。実際に手に触れて着ていただくとお分かりいただけると思うのですが、その着心地はいわば上質のピーコートと申しましょうか。もちろん、あれほど分厚くはないのですが、生地がしっかりとしており、それでいてしなやか。これならば寒風など気にならないし、しかもお洒落…。



その嬉しさをさらに高めてくれたのが茶の彩り。茶は通好みの色と云われ、実際秋冬になると思わず振り向きたくなるような洒落者たちは茶を実にうまく着こなしています。今回の新作では、圧縮ウールの密度の高さが、この色をさらに深く魅力的に際立たせ、その立ち姿は見事の一言…。

トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。