日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
01~02年の作務衣 , 染&織作務衣

圧縮ウール作務衣(3)


男女別の彩りが、新たな喜びを醸し出す。



この彩り、当初は男女共という予定だったのですが、女性には少々重いのでは?という意見が出て、さもあらんと、秋冬のカラーアンケートでも上位ランクを占めるキャラメルを採用したのですが、結果はご覧のように大吉。ひとりずつの立ち姿も惚れ惚れものなのですが、男女並ぶとそのコンビネーションも味わい深いものとなりました。



秋だからこそお洒落に、冷気がしみ始める季節だからこそ暖かく。装いの花が咲く街を「圧縮ウール作務衣」で颯爽と闊歩する…。私どもが精魂込めました、作務衣道に新たな一歩を刻むこの一着にぜひお袖通しいただき、装いの季節をたっぷりとご満喫ください。



ご要望の高い黒も併せてご提供いたします。



日本人の人生の様々な節目に登場する彩りだからでしょうか。黒という彩りに特別な想いをいだいている方は多いはず。

潔さ、深み、すべての始まりであり、終点でもある、懐の広い色。そのせいか、新作をはじめ、他の人気作品などにおいても、黒の彩りを希望する会員の方々の声は引きも切りません。



そこで今回、久々の新作そして装いの秋ということもあり、皆様のご要望は早めに取り入れておくのが必定であり礼儀でもあると、王道の黒を採用したバリエーションもご用意させていただきました。ご覧のように圧縮ウールとの相性も抜群。彩りに深みを与え、堂々たる作務衣姿をお愉しみいただける一着と相成りました。

トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。