日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
01~02年の作務衣 , 染&織作務衣

アンゴラ圧縮ウール(3)


威風堂々ここに極まる。羽織をまとうは、もはや常識。



せっかくのいい作務衣には、やっぱり羽織は欠かせないネ・・・と、古参の会員の方々は口を揃えておっしゃいます。



確かに逸品はそれだけでも実に絵になるのですが、完璧な作務衣姿の実現には羽織は必需品というのが、もはやこの道の常識になりつつあるようです。



というワケで、今回の新作にも、ご要望にお答えするカタチで共布の羽織を創りました。凛々しい立ち姿を表現するためにはもちろんですが、より暖かく・・・という機能的利点も見逃せないところですので、しっかりと裏地付にて仕立てました。



羽織をまとえば、大切な方々とのご会合などの場においても礼を逸することにはなりません。

トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。