日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
01~02年の作務衣 , 染&織作務衣

綿刺子蜂巣織作務衣 紺

大人気の蜂の巣に新色が登場しました。



遠目には微細な表情を兼ね備えた無地かと想わせる彩りの奥深さ・・・寄れば見事な蜂の巣模様、この粋はまさに作務衣の通好み。



織りは、じっくりと時間をかけて開発にのぞんだ結果生み出された、綿との相性を重視し開発した本邦初の「蜂巣織り」。自然の造形をモチーフに、野趣豊かに織り上げた深みが、格調と個性を醸していると、登場して日も浅いながら、早くも大人気になりました。



先染による綿100%の肌触りのいい丈夫な生地に、蜂の巣が細やかに配されたような織りの意匠が施され、これまでの綿の作務衣の中でも飛び抜けた個性と野趣あふれる表情は実に見事。

トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。