日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
袴&和服アンサンブル , 91~92年の作務衣

二部式着物 正藍染飛騨刺子 ぼたん(2)

松坂木綿を正藍染古代裂をアクセントに。

正藍染の濃い藍地に白糸で刺した蝶の群舞。このコントラストの妙と端正なまでの美しさは着る人はもちろん、見るものの心をとらえてはなさないことでしょう。

素材は高級綿として有名な“松阪もめん”。染めは正藍染と本格派。また前作と同様に、蝶の頭部に“古代裂(こだいぎれ)”を使用。目立たず控えめでいながら、随所に高級感を配した奥ゆかしさこそ、飛騨刺子の情話といえましょう。

トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。