日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
デニム&カジュアル作務衣 , 87~90年の作務衣 , カタログ和服こぼれ話

この夏は、ルーズファッション「甚兵衛」で爽やかに

すだれ、打ち水、行水、花ござ。高温多湿な日本の夏を少しでも涼しく過ごすために、先人はさまざまな工夫を重ねてきた。もっとも、木としっくいと紙で作られていた日本家屋は、現代人が考えるよりずっと涼しいものであったかもしれない。

だが、いずれにしても、むし暑い日本の夏。自宅でゆっくりくつろぐには、ぜひルーズファッションといきたいものだ。第一、身体にぴったりと張りつくようなタイトなホームウェアでは、暑い上にくつろげないからだ。そんな、夏場に涼を求めるくつろぎ着として、いま「甚兵衛」が静かなブームになっている。その爽やかな肌ざわりと風通しのよさが人気の理由だ。

この夏を爽やかに乗り切っていただくための、レトロ感覚あふれるルーズファッション「甚兵衛」。ぜひ一度、お試しになってみてはいかがだろうか?

トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。