日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
97~98年の作務衣 , 透かし作務衣

麻混紗作務衣 侘茶(あさこんしゃさむえ わびちゃ)

紗の透かしを通して、心地よい夏が見えてくる…通好みの彩りを放つ作務衣。



いにしえよりお洒落の達人たちが好んでまとったという紗。暑い夏に重ね着をすることにより、透かし加減で、涼感を演出するという逆転の発想が、今も多くの人を魅了してやみません。



当会が放つこの夏の紗の新作は、通好みの彩りである茶。作務衣ファンなら、ぜひ一着は揃えておきたくなるお洒落度の高さがたまりません。



炎天下、この作務衣をまとって涼しげに歩けば、人々の羨望の視線が集まること間違いなし。

暑さにかまけて、つい衣服も横着になる他の人を尻目に、紗の作務衣でたっぷりと、“お洒落の美学”をご堪能ください。



トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。