日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
カタログ和服こぼれ話 , 透かし作務衣

透かしの美学の準主役・肌着について


「透かしの美学」を取り上げるにあたって、その美学をさらに活かすポイントをご紹介いたします。



透け感を活かすには“いい肌着を合わせるべし”というのが洒落者の鉄則。「透かし」の粋にて、着る人も見る人も涼を楽しめる紗が初夏からの主役ならば、重ね着にて透かして見える肌着はいわば準主役。



だからこそ、よりいっそうの気遣いとこだわりで選び、袖を通したいものです。



衣装に凝ることはもちろんですが、折りしも汗の季節、素材にも手は抜けないことは言うまでもありません。



お勧めは、夏の素材の代名詞“麻”の肌着です。

本麻ならではの爽快なシャリ感、優れた通気性、そして重ね着した紗を透かして放つ潔いまでの白の清々しさは、この季節ならではの、粋な着こなしの楽しみと言えましょう。



トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。