日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
99~00年の作務衣 , 透かし作務衣

駒絽作務衣 夏風(こまろさむえ なつかぜ)


夏着尺として、古くから大店の旦那衆などが好んで求めた“紗”。 夏姿の究極は絽に尽きると言われるように、静かなる秩序に満ちた透間が生み出す、涼を呼ぶ透明感は、まさにため息もの。



昔から廃れずに伝えられて来ているものには、「やはりいいモノはいい」と人々に思わせる、確固たる魅力と力があります。



こちらも、通が好むといわれる“五本絽”を採用した、魅力あふれる一着です。季節に流されるのではなく、逆に季節を遊ぶという感覚で、心の贅沢をお楽しみ下さい。


トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。