日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
97~98年の作務衣 , 麻作務衣

本麻作務衣(ほんあささむえ)


ざっくりと麻…触れればざらりと夏の感触。



夏は麻に決めている――というこだわり派や本格的な麻ファンに高い支持を受けている本麻作務衣。少し粗目で硬質な麻の感触が、季節を伝えます。



麻100%を使用。繊維を剥ぎ、糸を紡ぎ、さらに独特のしぼつけを加えます。細かなしぼを付けることで肌との間に空間ができ、涼感がさらに強くなるというわけです。この伝承の技法で、一枚一枚手作りされ誕生したのが、本麻作務衣シリーズです。



麻ならではのシャリ感、微妙にできる味わい深いシワ、しっとりとした色合いをぜひ、お楽しみ下さい。



トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。