日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
97~98年の作務衣 , 麻作務衣

本麻作務衣 生成(ほんあささむえ きなり)


暑い夏こそ、お洒落心を発揮する見せ場



時は大正、モボ・ガボの時代。

人々は活気に満ち、お洒落の華が街中にあふれた時代でもあり、彼らにとって暑い夏こそ、お洒落心の見せ所でした。

蓄音機から流れ出る音楽にのり、街を闊歩するお洒落の達人たちがまとっているのは、麻。見栄えも涼しげな麻が織りなす“シワの美学”だったのです。



麻のシワはその人を表す年齢のようなもの



人が年齢を重ね、その顔に刻み込まれるシワのように、麻が創るシワは、まさにその人の生き方を表すもの。



“何でもかんでも、アイロンをかければいいってもんじゃないのさ”



達人たちのそんな言葉に、麻に対する愛着と哲学を感じます。

陽光のもと、落ち着いた色合いが渋さを演出する作務衣です。


トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。