日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
97~98年の作務衣 , 麻作務衣

本麻作務衣 葵(ほんあささむえ あおい)


本麻――素材そのものの質感で涼をとる。



麻のざっくりとした着心地とノスタルジックな魅力で、「夏の作務衣といえば麻に限る」というファンの方が増えています。



麻100%ですからシワも出ます。

また、手つむぎの糸を使っていますから生地は完全に均一というわけにはいきません。



しかし、それもこれも手づくりの醍醐味――そこがいいんだよ!という声もたくさんいただいております。



素材名を聞いただけで夏を感じる…そんな盛夏の作務衣です。



トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。