日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」

日本の和服・作務衣を専門に追求した「作務衣博物館」は「作務衣の専門館『伝統芸術を着る会』」によって運営されているウェブサイトです。
97~98年の作務衣 , 染&織作務衣

揚柳作務衣(新色)


不均等に作られたシボが、布地と肌との間に透間を作り、汗をかいても生地が肌に貼りつくことなく、肌と布地の間を風が通ります。だからこそ夏にうってつけの素材。いつも爽やかなさらりとした着心地が楽しめるのです。



夏の代表として、古くから名が通っている“楊柳縮緬”。昔は職人の手織・手しぼで作られ、なかなか手がでない高級品のひとつでした。

そんな伝統の製法と、現代の技術が作り上げた高機能性が融合され、すばらしい現代の楊柳縮緬ができあがったのです。



昔から、「和服好きは縮みに行き着く」と言われています。まさにこの楊柳は、通が好む縮緬そのものといえます。


トラックバック (0) -
この記事のトラックバックURL

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメント

まだコメントはありません。

コメントを投稿する
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。